うぐいす菜

うぐいす菜

やわらかくて栄養豊富!栽培容易!

  • 生育期間が短く60日ぐらいで収穫でき、耐寒性・対病性に強く四季を通じて栽培容易なので、家庭菜園にも多く利用されています。
  • 葉は濃緑色で長楕円形、緑は滑らかでしかも丸味を帯び細い。
  • 質は柔軟で栄養価が高く、ビタミンAやカルシウムを多く含み、漬物・煮物などの材料として愛好され、利用価値のある野菜です。

まきどきと収穫期


※:中間地(標高300m~600m、冷涼地600m以上(緯度により注意が必要)(植物はその年の気象および土壌条件によって大きく影響されます)

土づくり

1㎡当たり苦土石灰2握りを撒いて耕起しておき、元肥として完熟堆肥2kg、油かす3握り、化成肥料3握りを施して土とまぜ、うねをつくります。

タネまき

60cm~1m幅のうねにスジまきにします。播種後3~6日ぐらいで発芽しますから、間引きながら随時収穫します。

その他の管理

9月下旬にまけば11月頃に収穫でき、翌春まで置くには11月上旬頃にまきます。

関連商品

  1. 本しま瓜

    味噌漬・奈良漬に最適!作りやすく、極めて豊産!

  2. F1薬味辛大根

    水分少なく、辛いおろし用大根!

  3. 常盤大長

    春まきと秋まき両用でス入りの遅い長太り種!

  4. 松本一本太(根深ねぎ)

    冬季休眠型で越冬性が強い、秋~冬どりの白ねぎ!

  5. 本しもささげ

    すじなく美味、飯田地方の特産種

  6. 野沢菜(つけな)

    漬物は、ふるさと信州の味!アルプスの香り!

ページ上部へ戻る