常盤大長

常盤大長(ごぼう)

春まきと秋まき両用でス入りの遅い長太り種!

  • “滝野川”の赤茎系から、尻まで太りがよくてス入りが遅く、抽苔の少ない系統を目的に、長野県飯山市常盤で改良された優良品種で、赤茎・黒葉で作りやすい晩生の強勢豊産種。
  • 根身はすこぶる最大で、肉付きがよく、肉質はやわらかく香味に富み、食味がすぐれ、市場性上々。

まきどきと収穫期


※:中間地(標高300m~600m、冷涼地600m以上(緯度により注意が必要)(植物はその年の気象および土壌条件によって大きく影響されます)

土づくり

連作できない畑に、1㎡当たり石灰3握りをまいて深耕し、まく場所の下をさけて元肥の化成肥料1握りを、タネまきの2週間前に施しておきます。

タネまき

1m幅のうねに2条、または70cm幅のうねに1条、株間12~15cmで1ヶ所数粒ずつまき、浅く覆土をします。発芽までは乾燥に注意します。

その他の管理

本葉2枚頃から2~3回にわけて間引き、本葉4枚頃に1本立ちにします。追肥は間引きごとに化成肥料1握りを施し、同時に中耕と土寄せをします。

関連商品

  1. 野沢菜(つけな)

    漬物は、ふるさと信州の味!アルプスの香り!

  2. F1薬味辛大根

    水分少なく、辛いおろし用大根!

  3. 飯田冬菜

    晩抽性で耐病、耐寒性強く厳寒時でもよく成長する冬菜です。

  4. 本しもささげ

    すじなく美味、飯田地方の特産種

  5. イイダかぶ菜

    やわらかくて甘味が豊富!漬物用に最適の優良種!

  6. 本しま瓜

    味噌漬・奈良漬に最適!作りやすく、極めて豊産!

ページ上部へ戻る