野沢菜(つけな)

野沢菜(つけな・信州伝統野菜)

漬物は、ふるさと信州の味!アルプスの香り!

  • 長野県野沢地方に古くから栽培されている日本特有のカブ菜。
  • 草勢旺盛で耐寒性にすぐれ、抽苔も安定しており、栽培はいたって容易。葉柄は丸くて長く、草丈60cmにも及ぶ。
  • 茎葉は繊維が少なく、やわらかでさっぱりした風味は漬物に最適。
  • その他、汁の身にも利用でき、美味。

まきどきと収穫期


※:中間地(標高300m~600m、冷涼地600m以上(緯度により注意が必要)(植物はその年の気象および土壌条件によって大きく影響されます)

土づくり

1㎡当たり苦土石灰2握りをまいて耕起しておき、元肥として完熟堆肥2kg、油かす3握り、化成肥料3握りを施して土とまぜ、うねをつくります。

タネまき

1m幅のうねに3条のスジまきにします。本葉2枚頃から間引き始め、株間10~15cmにします。

その他の管理

追肥はタネまき後15日ごろと30日頃に、1㎡当たり化成肥料1握りを施します。ウイルス病に弱いので、初期にアブラムシの防除を徹底します。

関連商品

  1. F1薬味辛大根

    水分少なく、辛いおろし用大根!

  2. 飯田冬菜

    晩抽性で耐病、耐寒性強く厳寒時でもよく成長する冬菜です。

  3. 松本一本太(根深ねぎ)

    冬季休眠型で越冬性が強い、秋~冬どりの白ねぎ!

  4. ビタミン大根

    ビタミン豊富、風味最高、栽培容易。

  5. 本しま瓜

    味噌漬・奈良漬に最適!作りやすく、極めて豊産!

  6. うぐいす菜

    やわらかくて栄養豊富!栽培容易!

ページ上部へ戻る